スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママのためのホイップ短歌講座

子供たちの小学校の家庭教育学級に参加しました。
家庭教育学級は保護者のための講座で年に6回行われます。

今年はピーチのクラスのPTA役員をしていて、今月が1年生の役員が担当して行う講座でした。
「ママのためのホイップ短歌講座」
近隣の小学校のママさんに講師をお願いしました。
雑誌やラジオなどで、何度も作品賞を受賞
小学校で子供たちに短歌を教えているそうです。

短歌と聞くと、難しい、堅苦しい、古典的、と敬遠されがちですが
「短歌」はしあわせに暮らすための、とっておきの秘訣なんです。

☆短歌は楽しいもの
☆短歌は日常を輝かせるもの
☆短歌は親子で楽しく遊べるもの

一見、平凡に見える日々を過ごすママたちにこそ、「短歌」を広めたい
「短歌」をこお路の片隅に置いてみてください。
毎日の家事も、子供の反抗も、短歌のリズムにのせたら、きらめきだします。
ママさん講師の、てこな先生は仰います。

短歌のキホンは、「5・7・5・7・7」のリズムで、季語は必要ありません。
川柳のようにオチをつける必要はありません。

なるほど。。。
知っていたつもりでも、よく知らなかった「短歌」のキホン

「親子で短歌を楽しむ」お話も興味深かったです。
「5・7・5・7・7」のリズムを手をたたいたりして、体で覚えましょう。
身近な言葉を「5・7・5・7・7」に当てはめてみましょう。
お友達の名前、給食のメニュー、動物の鳴き声、5音、7音のものはたくさんあります。
絵本、物語をつかって、おもちゃがなくても、散歩のときでも、短歌があれば楽しく遊べます。

幼稚園や小学校でも、子供たちに短歌を教える、てこな先生
2回,3回と繰り返すうちに、素晴らしい想像力で短歌を作るようになるそうです。

そして最後に実際に短歌を作ってみることになりました。
先生が上の句を用意されて、下の句を考えるというもの。

「ちょっとだけ 幸せになる 瞬間は ○○○○○○○ ○○○○○○○」

先生の例は
「ちょっとだけ 幸せになる 瞬間は 子供の寝汗をそっと拭く時」
「ちょっとだけ 幸せになる 瞬間は 昔の彼を思い出す時」

私が作ったもの、ちょっと恥ずかしいですが。。。
「ちょっとだけ 幸せになる 瞬間は 子供もパパも出かけた静けさ」

上の句に続く下の句を作るのは、結構気軽にできました。
家事のこと、子供のこと、自分の好きなこと、などなど何でも短歌にできるものだなぁ~
難しいと思っていた「短歌」がかなり身近になりました。
下手でもいいからと思えば、結構簡単にできてしまいます。
身近なもので一首詠んでみてはいかがですか。

てこな先生のブログです。
興味のある方は覗いてみてください。

♪「てこなのホイップ短歌」



テーマ: 小学生ママの日記 - ジャンル: 育児

Comment
桃きんぎょちゃんの短歌に拍手~パチパチパチ・・・♪
先生の短歌の昔の彼を思い出す・・もウフフ~って
感じでよいですね~
短歌を見直したわ!
何でも短歌にしちゃったりして面白いね~
きゃぁ~♪恥ずかしい
どうもありがとう
短歌って難しいって思っていたけど、気軽にできるんだって
考えが変わりました。
日常の小さなこと、家事や家族を詠むと楽しいです。
先生はお菓子作りが好きだそうで、
「生クリームをホイップするように、言葉をホイップしてスイーツを味わうように楽しみながらつくりましょう。」
と言ってました。
ふんふん、なーるほどです。
ピッピさんも一首詠んでみてくださいね。

Comment-post











Trackback

This template is made by hacca*days   copyright © 2014 Powered By FC2 allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。